不屈猛進!17画「剛力バッファロー運」を極めよう!をアップ

【無料!姓名判断】ライフ(人格)が火性(3,4)の人の“内なる性格”を占ってみた!全5回〜火の巻【有名人リスト付】

火性の性格 バナー 無料!姓名判断の基本
スポンサーリンク

このブログへアクセスくださいましてありがとうございます。

この記事はグラフィックデザイナーで姓名判断研究家のネコヒートが書いています。

今回は、実践じっせん的姓名判断の新シリーズで、名前のライフ(人格)「内なる性格」を占ってみようかと思います。

第2回目の今回はライフ(人格部)が「火性(3,4系統)」の人です。

ライフ(人格)は、以前別記事にも書きましたが、言わずと知れた、姓名判断における最重要地点のひとつ。

【無料!姓名判断】ライフ(人格)って何さ?〜五格を知ってスッキリ姓名判断ライフ【基本のき】
「ライフ(人格)」について解説しました!姓名判断を占うえで最重要ポイントと呼ばれる「ライフ(人格)の役割とは?」「なぜ、ライフ(人格)が最重要ポイントなのか?」そんな疑問のある人は是非お読みください。ライフ(人格)を知ってスッキリ姓名判断ライフにしていただけましたらうれしいです!

天格と地格をつなぐ要所ようしょにあると言うこともありますが、人生は性格次第でどのようにも変化していきます。

例えば、強気な人はチャンスと見るや躊躇ちゅうちょせず乗っていくことでしょう。

しかし、弱気な人はチャンスでは躊躇し、見送ってしまう。

この差は大きいですよね。

最終的にどちらが成功するかと言えば、失敗の数も多いでしょうがチャンスに数多くチャレンジした「強気」な人の方に軍配が上がる可能性は高いと思います。

そういう意味では、早世そうせいした天才小説家・芥川龍之介が『侏儒しゅじゅの言葉』の中で、運命は必然であり、つまり「運命は性格の中にある」と言った言葉は見逃せません。

今回は姓名判断における「内なる性格」焦点しょうてんをあてて、姓名判断を考えていきたいと思います。

さらに、自分の性格はモチロン、テレビでた有名人、会社の同僚どうりょう、気なるお相手などのかくされた「内なる性格」を知り実人生でも生かしていってくださればと願います。

全5回の紹介が終わったあとは「相性」の見方も掲載する予定ですので楽しみにお待ちください。

それでは、まずはライフ(人格)の説明から始めましょう。

アナタの内なる性格はいかに?

 

スポンサーリンク

ライフ(人格)とは?

ライフ(人格)とは、五格あるうちの、「名字の最後+名前の最初」の文字を足した合計数字で、数え方は常に同じため、計算がしやすい場所です。

ライフ(人格)は、「内なる性格」で一括ひとくくりにしているものの、あなたの才能、社会でのふる舞い方を含めた、「総合的な社会運」をるところ。

車で言えば「エンジン」とも言えますし、家で言ったら「骨組み」、人体で言ったら「背骨」、いずれにしても運勢の「中心」をになっているところと思ってください。

とくに中年期に強い関わりを持ち、仕事や結婚に関係してくるため人生への影響がひじょうに大きい格となっています。

また、女性の場合、ライフ(人格)の性格によって結婚運が占えます。

同姓の相手と結婚しない限り、姓が変わると人格が変化することが多く、ゆえに結婚生活の吉凶も占えるというわけです。

ライフ(人格)とジョブ(外格)は表裏一体、おぎない合う関係であるとの考え方から、ライフ(人格)とジョブ(外格)を7:3の割合で鑑定する方法もあります。
その場合、ジョブ(外格)のひと桁の数字も「第2の性格」としてご判断ください。きっと、より深い「内なる性格」の観察が可能となるはずです。

 

根子比糸ねこひいと」さんという仮の人物の名を借りて、図を掲載しましょう。

五格の解説シート

根子比糸さんで言いますと、「子」と「比」を足してでた数字が「ライフ(人格)」の数字になります。

よって、ライフは「7」となります。

例えば、ここの数字が「17」「27」「37」であってもひと桁の数字を見るため、ライフは「7」になります。

今回は3系統、4系統の説明になりますので7の話は少し先になりますが、さっそく3系統、4系統の「内なる性格」を順番に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

火性(3,4)の内なる性格

火性は五行で「火」の性質を持ちます。

3系統は「陽火」なんていう言い方をされます。

メラメラと燃え上がる「炎」のイメージ。

常に人々の中心にあって周囲を明るく照らす光のような人物。その明るさと変幻自在な“無形”とも言える変化は人々の目をきつけてやみません。

一方で炎は激しく揺れ動く感情をあらわしており起伏の激しい人物と言えるでしょう。

4系統は「陰火」という言い方をされます。

炎のようには燃え上がらず、例えるなら、じっくり内側で強烈な熱量を秘める「炭」のようなイメージ。

要は活用の仕方を表現しているわけですが人間的にはじっくりと腰の重い信頼できる人物を象徴しています。

しかし、一方では外からややわかりにく難しい人物を象徴しているとも言えます。

さて、総論はこれくらいにして、3系統、4系統それぞれの「内なる性格」を見ていきます。

 

3系統

ライフ(人格)が3系統(3,13,23,33,43,53…)の人です。

 

ひと言で言うと

ライフに3系統を持つ人をひと言で例えるならば、

パワフルに人生を謳歌おうかする愛されキャラ

という言葉がふさわしいでしょう。

 

良いところ

・エネルギッシュで自立心旺盛

・明るくチャーミングな人が多い

・変化を好む活動家

・名声や権威を求めるタイプ

・感受性、情操じょうそう面が豊かでセンスが良いと言われるタイプ

・頭の回転が早く気が利くタイプ

・細かい気配りができ信頼されるタイプ

・おしゃべりが上手。まわりを幸せにする人

・自己プロデュースにけている

・コミュニケーション能力が高く人に好かれやすい

・まわりに人が集まる、生まれながらの人気者気質

・リーダー的な存在にまつり上げられることが多い

・女性なら才色兼備さいしょくけんびの皆があこがれるタイプ

・年齢を重ねても若々しくはなやかに生きることができる

 

悪いところ

自我じがが強くやや強引なところあり

われわれがと出過ぎて嫌われることあり

・余計なことをしゃべってトラブルになることあり(口は災いの元)

・調子に乗りやすいタイプ

・ワガママになると手がつけられない

・相手のチャンスをつぶすことあり(本人は気づかず)

我慢がまんが出来ず怒りっぽい傾向あり

・そそっかしくポカが多い

・根気が無くあきらめが早い

・金銭面は散財さんざいタイプが多い。

・時に行動が派手になりすぎ中傷、炎上の的になることあり

 

3系統の有名人

ライフ(人格)に3系統を持つ有名人(敬称略)をご紹介しましょう。

なお、有名人の名前は旧字体で数えておりますのでご了承ください。

まずは、ライフ(人格)に3画を持つ有名人は、歌手・家入いえいりレオ、実業家・家入一真一力一夫矢入やいり一男、宝塚歌劇団・凛乃りんのしづか、小説家・柄刀一つかとうはじめ鳳乃おおとりの一真など。

ライフ(人格)に13画を持つ有名人は、元SMAPの中居正広、俳優・東出昌大まさひろ、女優・土屋太鳳たお石原さとみ武井えみ剛力彩芽ごうりきあやめ矢田亜希子西野七瀬井上真央池脇千鶴、タレント・木村有希(ゆきぽよの本名)、矢口真里村井美樹、NMB48の渋谷凪咲なぎさ、お笑い芸人・内村光良てるよし(ウッチャンナンチャン)、春日俊彰かすがとしあき(オードリー)、出川哲郎岩井勇気(ハライチ)、ピンでも活躍している秋山竜次、プロ野球・紅林くればやし弘太郎(オリックス)、奥川恭伸やすのぶ(ヤクルト)、安田尚憲ひさのり(ロッテ)、引退後も1億円プレーヤーの里崎智也(元ロッテ)、名将だった野村克也、カーリング・吉田知那美、F1ドライバー・小林可夢偉かむい、バレエダンサー・熊川哲也、卓球・福原愛、歌手・三浦大知、アナウンサー・水卜みうら麻美桑子くわこ真帆、芥川賞作家・村田沙耶香さやか、おしりかじり虫の声優・金田朋子など、実業家ならホンダの創業者・本田宗一郎を挙げておきたいところです。

ライフ(人格)に23画を持つ有名人は、俳優・賀来かく賢人高橋克典美輪明宏川﨑麻世まよ西岡徳馬役所広司、ブルース・リー大好き女優・累珠るいす、プロ野球・菅野智之(巨人)、山﨑康晃(DeNA)、大野雄大(中日)、嘉弥真かやま新也(ソフトバンク)、サッカー・大久保嘉人よしと前園真聖まさきよ、フリークライマー・つくる、体操・杉原愛子、卓球・福原愛、アナウンサー・高野貴裕、漫画家・石ノ森章太郎、V6の長野博、お笑い芸人・小林賢太郎、将棋棋士・古森悠太、俳優から麻雀師に転身した萩原聖人まさと、故人ですが小説家・石原慎太郎、ミュージシャン・細野晴臣はるおみ、アスリート俳優・わたるなど。

ライフ(人格)に33画を持つ有名人は、元AKB48でタレント・渡辺麻友、『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』で有名な児童文学作家・斎藤惇夫あつお、カリスマモデルで実業家の桃華絵里など。

ライフ(人格)に43画を持つ有名人は、一時あの「講道館」にも在籍した柔道家・広瀬いわお、戦国武将・首藤艦続すどうあきつぐなど。

 

4系統

ライフ(人格)が4系統(4,14,24,34,44,54…)の人です。

 

ひと言で言うと

ライフに4系統を持つ人をひと言で例えるならば、

反骨はんこつ精神あふれるクセモノ戦略家

という言葉がふさわしいでしょう。

 

良いところ

・見た目は愛嬌あいきょうがありソフトムードなタイプが多い

・内面は革新かくしん的、急進的で一筋縄ひとすじなわではいかない

・いわゆる“クセ者”が多いタイプ

・良い意味での反骨精神を持つ(エキセントリック?)

・簡単に流行に流されない頭の良さがある

・名声や権威を求める傾向が高い

・向上心や野心あふれる頑張がんばりり屋

・鋭い発想力と頭脳明晰が武器

・才知豊かな戦略家

知謀才略ちぼうさいりゃくで成功を切り拓く

・神経がこまやかでまわりに気配りできる

・ひらめきに優れたアイデアマン。いわゆる天才肌

・人の“ななめ上”をいく発想ができるため重宝ちょうほうされる人物

・ビジネスの世界なら“ヤリ手”と呼ばれる優秀な人物が多い

・名声や権威、自分の価値というものに執着しゅうちゃくする傾向が強いタイプ

 

悪いところ

・神経が細やかであるがゆえ気苦労が多い

・複雑で繊細な心の持ち主のため精神疾患や心身の不調にかかりやい

・せっかちで不平不満が多く神経症になりやすい

・自分勝手な思い込みや被害者意識が強い

・自分の正義感を振りかざすことがありトラブルになる

・思い通りにいかないと八つ当たりや虚言癖きょげんへきうそをつくクセ)で孤立

・被害者意識が強く時に他人をうら

・自分の思い通りにいかないと怒りっぽくなる

・自分の主張を強引に押し通すためエゴイストに振る舞う

・自分を必要以上に大きく見せる傾向あり

・見栄っ張りのため浪費・散財に走る傾向あり

偏屈へんくつなため嘘つき、へそ曲がりになり敬遠けいえんされる

 

有名人

ライフ(人格)に4系統を持つ有名人(敬称略)をご紹介しましょう。

なお、有名人の名前は旧字体で数えておりますのでご了承ください。

まず、ライフ(人格)に4画を持つ有名人はは、俳優・宮川一朗太、女優・江口のりこ、お笑いタレント・西川のりおルー大柴、占い師・木下レオン、声優・大山のぶ代、元AKB48の高山一実かずみ、漫画家・ヒラマツミツル、総合格闘家・杉山しずか、サカナクションのボーカル・山口一郎など。

ライフ(人格)に14画を持つ有名人は、俳優・坂口健太郎、女優・浅川梨奈今田美桜みお瀧本美織みおり、モデル・蛯原えびはら友里、「みちょぱ」の愛称で親しまれている同じくモデルの池田美優みゆう、俳優・黒田勇樹、歌舞伎俳優・市川海老蔵、シンガーソングライターで俳優もこなすGACKTの本名・大城ガクト、お笑い芸人・兼近大樹(EXIT)、平子ひらこ(アルコ&ピース)、鹿島渚尼神あまこうインター)、プロ野球界からはホームランの世界記録保持者・王貞治(巨人)・坂本勇人(巨人)、大山悠輔ゆうすけ(阪神)、松田宣浩のぶひろ(ソフトバンク)、乃木坂46の深川麻衣、声優・岡本信彦雨宮そら、プロレスラー・北村克哉、J Soul Brothersの山下健二郎、アナウンサー・徳光和夫小川彩佳、モーニング娘。のメンバーだった石川梨華、タレントで芸人の宇都宮まき、芥川賞受書作家・永井紗耶子さやこ、柔道・鈴木桂治、歌手・浜崎あゆみ坂本美雨みう、女子フードファイター・海老原えびはらまよいなど。

ライフ(人格)に24画を持つ有名人は、俳優・内野聖陽せいよう、女優・綾瀬はるか岩井堂聖子、声優・水樹奈々、タレント・黒柳徹子新唯あらたゆい、お笑い芸人では、元「雨上がり決死隊」の宮迫博之小籔千豊かずとよ光浦靖子(オアシズ)、アナウンサー・宮根誠司膳場ぜんば貴子、プロ野球・木浪きなみ聖也(阪神)、小笠原慎之介(中日)、監督として有名だった広岡達朗、バスケットボール・馬場雄大、声優・水樹奈々茅野かやの愛衣、漫画家・一條裕子、故人ですがYMOのメンバーとしても有名な高橋幸宏、『情熱大陸』のテーマ曲で有名なヴァイオリニスト・葉加瀬はかせ太郎、政治家・福島瑞穂みずほ、『GANTZ』の作者で漫画家のおく浩哉、実業家・つつみ清二、歌手・平原綾香橋幸夫、女流囲碁棋士・上野愛咲美あさみ、マナー講師・平林みやこなど。

ライフ(人格)に34画を持つ有名人は、アナウンサー・菜月なつき、サッカー・澤穂希さわほまれ、かつて小説『失楽園』でブームを巻き起こした作家の渡辺淳一、教科書にも載る大作家・鴎外おうがい、元フィギュアスケート選手でタレントの渡部絵美など。

ライフ(人格)に34画を持つ有名人は、1970年代に絶大な人気を誇ったアイドルトリオ、キャンディーズの伊藤らんなど。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はライフが、火性(3,4系統)の人をご紹介しました。

次回はライフが、土性(5,6系統)の人の「内なる性格」「社会的な性格」をご紹介致しましょう。

それでは今回の記事はここで終了です。

〈終わり〉