2024年流行の名前はどんな?〜男の子名前トップ10ランキングを調査してみた!をアップ
スポンサーリンク

【プロ野球】セ・リーグの順位予想を監督たちの姓名判断で占ってみた!【2022年】

セ・リーグ2022アイキャッチ 姓名判断ランキング

このブログにアクセスくださいましてありがとうございます。

この記事はグラフィックデザイナー歴20年以上、大の姓名判断マニア・ネコヒートが書いております。

今回はプロ野球「2022年セ・リーグの順位」姓名判断で占ってみました。

どこまで“姓名判断の哲学”が通用するのか、ワクワクしております。

今回は、マップ(総格)勝負です。つまり全体の画数ですね。

監督名のマップ(総格)が良ければ、当然その人の人生経験には良いこと(優勝)が発生する確率が高いはずだし。

球団社長名のマップ(総格)が良ければ、当然その人の人生経験には良いこと(優勝)が発生する確率が高いはずだし。

球団名のマップ(総格)が良ければ、当然その組織の歴史には良いこと(優勝)が発生する確率が高いはず。

そんなところから、「監督名のマップ(総格)」「球団社長名のマップ(総格)」そして「球団名の画数」3つを合算したポイント数で、ひと足早い“勝負”をしてみましょう。

比率は、現場が一番チームを動かしているだろうからと、監督名(6): 球団社長名(2): 球団名(2)としました。

詳しい計算方法を知りたい人は、最後の方に「付録:ルール・算出方法」を載せたので参考にしてくださいね。

少し悩んだのは、グラウンドの監督と呼ばれるキャッチャーヘッドコーチの画数を入れるのか否かについてですが、今回は最小限のセットでどのくらい当たるものかを実験したい狙いもありましたので、そこは次回の課題としましょう。

おさらいとして、2021年のセ・リーグ順位表を掲載しておきましょうね。

順位 チーム
1 ヤクルト
2 阪神
3 巨人
4 広島
5 中日
6 DeNA

昨年は、おおかたの予想を裏切ってのヤクルトの優勝と日本一。ホント衝撃でしたね。

2022年のセ・リーグはどんな1年になるのでしょうか?

いや〜今から楽しみで仕方がないですね!

さあ、セ・リーグのランキング集計が終わりました。

まずは、第6位から発表していきましょう。

スポンサーリンク

2022年セ・リーグ順位予想

6位(Bクラス)

ヤクルトスワローズ 0pt

6位は、昨年度リーグ覇者のヤクルトが最下位という結果に…。

高津監督の画数は33画「野心野望ビースト運」で、極端な結果を招きがちではありますが男の出世数

そのほか球団社長と球団名の画数がともに大凶数。

衣笠社長は27画「剛爆エンターティナー運」で、良くも悪くも名誉に縁ありですが、突然の逆境に要注意な大凶数。

球団名も悪いですね。36画は「義理人情ヒーロー運運」波乱万丈な凶数。この画数は9の暗示も秘めているため、上がったり下がったりが激しい数字。

それぞれの画数の暗示から、昨年は、万にひとつのカードを引いての優勝&日本一だったような気もしますね。画数の内包ないほうする数少ない良い部分が、展開に恵まれてみ合っただけ、と言いますか。

現に、2021年シーズン前にヤクルトを優勝予想した解説者は、知っている限りではいなかったはず。

とくにヤクルトというチームは、昔から極端な結果を招きがちなチームですよね。

そう考えますと、2022年シーズンは、姓名判断の暗示通り、最下位に沈むと予想します。

2022ヤクルト_画数ポイント表

5位(Bクラス)

阪神タイガース +30pt

5位は、2021年シーズン2位の阪神タイガースでした。

このあと発表する4位のチームと同点(+30pt)でしたが、矢野監督の名前がペンネームとのこと。本名は「矢野輝弘」で戸籍上の変更はしていなさそう。その結果、同点ルールが適用となり、5位という結果になりました。

画数的には矢野監督、球団社長ともに吉数でした。

球団名は、超変わり者が多いと言われる34画「激動エキセントリック運」で大凶。大災難運ですね。

矢野監督は37画「一匹狼クリエィティブ運」独自の感性で人生を作っていける人という画数なのですが組織の長には向かない数字で、あくまで個人が成功するのに適した数字です。

阪神が矢野監督に相当な“自由”を与えることができれば別ですが、実際にはそんなことはあり得ませんよね。組織で動くのが苦手な画数の人物がいかに振る舞えるのかが順位に影響するのかなぁという感想ですね。

シーズン前にも関わらず行った突然の2022年シーズン限りの退任発表。

ひょっとすると、一匹狼運が発揮され、組織の思考より個人的な思考が優先した結果、矢野監督が思わず発表してしまったのかなぁと思えなくもありません。

一方、球団社長の百北社長は、ものすごい良い画数構成を持っている人物です。

とくにマップ(総格)24画「成金ミリオネア運」で、最大級の金運と成功運を持つ数字。こういう人がいるとなると、こんな順位に落ち着くとも思えないんですけどね。

とりあえず、トータルで考えると、2022年シーズンの阪神タイガースは5位に沈むと予想します。

4位(Bクラス)

中日ドラゴンズ +30pt

4位は、2021年シーズン5位の中日ドラゴンズでした。

5位の阪神タイガースと同点(+30pt)だったのですが、矢野監督の名前がペンネームでしたので、同点ルールが適用となり中日が4位という結果になりました。

さて、中日ファン待望のミスタードラゴンズが監督初登場となりましたね。

野球を知っている人物が監督になるのは久しぶりな気がします。前任監督と比べるとだいぶマトモな采配になるような気がしてなりません。

オープン戦の戦いっぷりだけを見ていても、ルーキーの鵜飼選手、石川選手、岡林選手、山下選手が躍動し、チームがガラッと変わった印象ですよね。

それにしても、姓名判断でてみると、順位は4位と少々さびしい結果に…。

まあ、立浪監督も「3年かけて良いチームにしたい」と言ってましたし、前政権と違い、見ていて面白い野球、まともな野球はしそうですので、今年はドラゴンズ野球を観戦してみようかな〜と思っています。

一方、画数の採点結果では、吉川社長が足を引っ張る結果になっています。

19画「孤独アーティスト運」破壊非業ひごうの大凶数。せめてチームの和は壊さないで欲しいものですが、中日のみ「12球団で唯一の新外国人の補強が無い」とか、すでにその兆候が現れているような気がしてなりません。

中日のアキレス腱は、ずーっと昔からいっこうに変わらないのですが、結局、いつも、毎度、フロント陣のドラゴンズに対する愛情の無さなのかもしれませんね。

というわけで、意外と言い線かも。

2022年のドラゴンズはひとつ順位を上げて、4位と予想します。

2022年ドラゴンズ画数ポイント

3位(Aクラス)

広島東洋カープ +50pt

3位は、2021年シーズン4位の広島カープでした。

2位のチームと同じポイントなので同点ルールが適用され、監督名ポイントで広島が下になりましたが、

こちらもBクラスからのAクラス入り。大健闘ではないですか。

この順位ということは、メジャー移籍した鈴木誠也の穴が埋まることを意味していますよね。

さて、画数の採点結果の方は、満遍まんべんなくプラスポイントを重ねました。

大吉はいませんが、凶や大凶もいませんでした。

かつては広島一筋の名投手だった佐々岡監督も、マップ(総格)37画「一匹狼クリエイティブ運」

それにしても、37画を持つ監督が多いですね。阪神の矢野監督、中日の立浪監督に続いて3人目。

独自の感性やクリエイティブ力を発揮し成功を手に入れるという吉数なのですが、いかんせん個人的な部分で、職人的な職業で力を発揮する数字と言われているだけに、組織の中ではちょっと無理が来ると言いますか、結果を出すのが難しいのではないかなぁというのが個人的な感想です。

2021年度は、うつろな目でグラウンドの土ばかり見ている佐々岡監督が時おり映されており少々心配しましたよ。

そのほか、松田社長の名前はマップ(総格)17「剛力バッファロー運」で性格が強すぎるため少々人間トラブルが多そうな画数であるところが心配ですね。

佐々岡監督とうまく連携をとってやっていくことができるならば、球団名も吉数ですので、上位進出ありという見立てです。

2022年広島カープは“育成上手の赤ヘル”復活の年ということで、3位に浮上すると予想します。

2022年カープ画数表

2位(Aクラス)

横浜DeNAベイスターズ +50pt

2位は、2021年シーズン6位のベイスターズでした。

最下位からのAクラス入りという結果に。すごいですね。

なんせ三浦大輔監督の画数が良い。

マップ(総格)31画「昇天オールラウンダー運」は、どんな道に進んでも頂点に立つ強力な出世運を発揮する画数。

木村社長の画数も、優勝を目指すチームにとっては、ある意味協力的な吉数。

マップ(総格)25「唯我独尊ファイター運」はとてもガッツがある数字ですが、どうも人間トラブルを起こしがちな暗示がありまして、そこが少々心配なところ…。

わたしのまわりにいた25の人物を思い返すと、思い込みが激しいのか、自分勝手なのか、自己評価が高すぎるのか、“自分正義論”が強すぎるのか、融通ゆうづうがきかないのか、白黒つけたがるのか、謙虚けんきょじゃないせいなのか、思いやりにかけるせいかはわかりませんが、トラブルメーカーっぽいところがある数字、という感想。

結果がともなわない序盤という展開になってしまった場合、どっしり構えていられるかどうか。現場の三浦監督を信頼できるのか、ケンカなどがなければいいのですが…。

しかし、この吉数コンビの運が上手に回ることを前提として、2022年ベイスターズは2位に浮上すると予想します。

2022年ベイスターズ画数表

1位(優勝)

読売ジャイアンツ +70pt

2022年度セ・リーグの優勝は、2021年シーズン3位の読売ジャイアンツでした。

すこし球団名の画数が悪い以外は、監督名画数、社長名画数ともに満点を獲得し、1位を獲得しました。

原監督のマップ(総格)32画「棚牡丹たなぼたアップグレード運」は強力なツキがあり、次から次へと舞い込むチャンスをモノにし大成功をおさめるという有名な大吉数。

今村社長のマップ(総格)16画「逆転シンデレラ運」は魔法のような画数で、ピンチをチャンスに変えて大成功をおさめる大吉数。

ある意味、最強のコンビが上にいることになるのですから、これは優勝しないわけがありません。

以上の見立てによりまして、2022年セ・リーグの優勝チームは、読売ジャイアンツだと予想します。

2022年ジャイアンツ 画数表

スポンサーリンク

まとめ:ランキングチャート

さて、いかがだったでしょうか?

わたしはけっこう意外な結果になったなぁって思いましたよ。

大好きな中日が思ったよりも下位だったこと(立浪監督1年目から優勝して欲しいですけどね)。

昨年度優勝のヤクルトが最下位だったこと。

鈴木誠也の抜けた広島がAクラス入りしたこと、など。

しかし、野球は、人間が作り出すドラマは、筋書きが読めないからこそ面白いわけでして。

2021年ヤクルトの最下位からの優勝だってそうですよね。

野球のプロと呼ばれる解説者が、(見ていた範囲では)誰一人としてヤクルトの優勝を予想できなかったのですから。

でも、だから面白いんですよね。それでいいのです。

そして、今回のネコヒート 姓名判断で予想した順位結果を、頭の片隅に置いておいていただけましたら幸いです。

「あの黄色いサイトの奴、当たってんじゃん〜!」なんてことが、万が一でもありましたらウレシイですね。

次回は、パ・リーグの順位予想を公開する予定です。

お楽しみに〜!

セ・リーグ2022年順位表

付録:ルール・算出方法

今回の企画、2022年度のセ・リーグ優勝予想するにあたっては、マップ(総格)のみの吉凶をポイント化し競っています。

【無料】姓名判断手帖〜一生の運勢編
名前で運命を占う「姓名判断」。この姓名判断手帖であなたの一生の運勢がわかります。基本的な知識が網羅されているので誰でも自分の名前が占えます。改名、ペンネーム、屋号を考える際にご活用ください。ただいまマップ(総格)1〜60画までを掲載中。

この企画特有の計算方法は次のとおり。

冒頭でも記しましたが比率は、監督名(6): 球団社長名(2): 球団名(2)としましたので、100点満点換算で、監督名60点:球団社長名20点:球団名20点=100点満点となります。

吉凶判断するにあたっての各名前の点数分けは次のとおり。

監督名の場合:
大吉(60点)、吉(30点)、凶(-30点)大凶(-60点)

球団社長名の場合:
大吉(20点)、吉(10点)、凶(-10点)大凶(-20点)

球団名の場合:
大吉(20点)、吉(10点)、凶(-10点)大凶(-20点)

そして、ポイントが同点の場合は、

①監督の画数の上位が上。それでも同点の場合は、

②球団社長の画数の上位が上。それでも同点の場合は、

③球団名の画数上位が上、としました。

上位というのは、次のような順番ですね。

(上)大吉→吉→凶→大凶(下)

なお、①、②のケースでペンネームを使用している人物がいた場合、本名の人を上位とします。

もし、マップ(総格)の算出のしかたに関して詳しい計算方法知りたい人は、別ページの「一生の運勢…マップ(総格)」をご参考ください。

〈終わり〉