一念一徹!18画「一気通貫マッスル運」を極めよう!財運&事業運アリな画数の正体とは?

【SHN】姓名判断ニュース・人物メモ【7/24〜7/31】

姓名判断ニュース アイキャッチ 紫色 姓名判断ニュース
スポンサーリンク

このブログへのアクセスありがとうございます。

この記事はグラフィックデザイナーで姓名判断研究家のネコヒートが書いています。

今回はここ1週間で名前が出た人物の画数(五格と吉凶)を掲載。

名付けて「姓名判断ニュース・人物メモ」です。

あくまでメモなので、五格の画数と吉凶、属性のみを算出したものにすぎません。

おおまかな名前の吉凶を知りたい人、またはご自分で鑑定している人の参考資料(旧字体使用)にしていただけましたら幸いです。

今週もいろいろありましたよねぇ。

真夏らしい猟奇事件や、エクストリームスポーツ選手のニュース、俳優の急逝など…。

それでは、人物メモの7月第4週(最終週)です、

ドーゾッ!!

 

スポンサーリンク

今週の人物

荒田恭兵(ハイダイビング選手)

画数 属性 吉凶(画数)
ハウス(天格) 17
ライフ(人格) 15 大吉
ベース(地格) 17
ジョブ(外格) 19 大凶
マップ(総格) 34 大凶

五格と三才配置が出ました。

荒田恭兵さんは、日本でも珍しいハイダイビングの選手です。23年現在、27歳。

ハイダイビングとはがけなどの高所から飛び降りるという過激さを売りにしたエクストリームスポーツの一種。

わたしが荒田さんを知ったきっかけは、「富山の遊び場!TV」という富山県のいろいろを紹介するYouTube番組でした。

そのなかで、ふだん練習している風景が出たのですが、なんとそこは、東尋坊とうじんぼうの崖の上…。

自殺の名所で名高い「いわくつき」の場所から、海パン一丁で飛び降りる光景はなんとも異様でしたが、面白かったなぁ。

画数的には、「事故には注意」警報が出ていることは出ています。

 

重藤尚志(TVプロデューサー)

画数 属性 吉凶(画数)
ハウス(天格) 30
ライフ(人格) 29
ベース(地格) 15 大吉
ジョブ(外格) 16 大吉
マップ(総格) 45 大吉

五格と三才配置が出ました。

重藤尚志さんはかつて伝説のTVプロデューサーと呼ばれた人物。

「ガチンコ!」、「さんまのSUPERからくりTV」、「中居正広の金曜日のスマイル」などの大ヒット番組を手掛けたプロデューサー。

年収1億円だったそうですよ。

ところが先日のニュースで、重藤が自死されたそうな。享年52歳。

しかも単身用のアパートだったそうです。

ハイクラスな生き方をされていても、人の運命とはなんともわからないものですね。

姓名判断的には、ライフ(人格)に水性の数字(9、0系統)がひじょうに気になるところではありますが、重藤さんのご冥福をお祈り申し上げます。

合掌。

 

福田雄也(俳優)

画数 属性 吉凶(画数)
ハウス(天格) 19
ライフ(人格) 17
ベース(地格) 15 大吉
ジョブ(外格) 17
マップ(総格) 34 大凶

五格と三才配置が出ました。

福田雄也さんは映画「ごくせん THE MOVIE 」「DIVE!!」などに出演した人気俳優です。

ところが、この福田さん、昨年7月に32歳の若さでお亡くなりになっていたことが、山崎将平さんの「X(旧Twitter)」で判明しました。

しかし、32歳、ホントお若いですよね。

それに、最近、なんでこんなに若い方がよく亡くなるのでしょうか? 不思議で仕方ありません。

福田さんの、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

関暁夫(タレント・オカルト作家)

画数 属性 吉凶(画数)
ハウス(天格) 20
ライフ(人格) 35
ベース(地格) 20 大凶
ジョブ(外格) 5 大吉
マップ(総格) 39

五格と三才配置が出ました。

関暁夫さんは、元お笑い芸人(「ハローバイバイ」のメンバー)でしたが、現在は「Mr.都市伝説」を名乗り大活躍中です。

お笑い芸人をやっているときは全くパッとしませんでしたが、もともと好きだったオカルト好きを生かしTVに出たのをきっかけに大開運を果たしました。

テレビ東京「やりすぎコージー」を見ていてもひじょうにイキイキされていますよね。

出世・成功の秘訣ひけつは、「得意を武器にすること」をで行っている人物の筆頭ひっとうと言えるでしょう。

 

浦仁志(被害者)

画数 属性 吉凶(画数)
ハウス(天格) 12
ライフ(人格) 15 大吉
ベース(地格) 11 大吉
ジョブ(外格) 8
マップ(総格) 22 大凶

五格と三才配置が出ました。

浦仁志さんは、最近世間をにぎわせている猟奇りょうき事件、「北海道ススキノ事件」の被害者です。享年62歳。

ところが、この女装家でもあった被害者男性は、実は、単なる被害者ではなかったことがうっすらわかりつつありますよね。

というのは、被害者の浦さん自身が、実は加害者でもあったようなのです。

そしてその被害者は、加害者と目されてる、田村瑠奈容疑者(29)。

事件前までさかのぼると、「自身の性」に迷いがあった田中容疑者はダンスクラブにいた、とある「女性」から「いい所がある」と声を掛けられた(ナンパされた)と言います。

田中容疑者はてっきり「本当の女性」かと思いついていったら、その「女性」はホテルで「男」に豹変ひょうへん…。

田中容疑者は、泣く泣く望まぬ関係を結ぶハメに…。

この豹変マンこそが、浦さんだったというわけなのです。

おまけに「動画」までられ、それ以降も会う口実こうじつに利用されていた、なんて言う話もれ聞こえていますね。

つまり、浦さんは女装を利用し田村容疑者をだましたというわけです…。

…今のところ出ている話をまとめるとこのような感じですが、不謹慎ふきんしんながら真夏のミステリーにピッタリの事件ですよね。

しかし、謎もあります。

62歳とは言え相手は男です。

下手すると反撃される可能性がある状況で、本当に田村瑠奈容疑者(女性)がひとりで「実行」できたのか?

本当はお父さんも別室に隠れて手伝った(無理という話は出ています)のでは?など、まだまだよくわからない点の多い事件ですが早く事件が解明することを祈るばかりですね。

 

7月第4週分の『姓名判断ニュース【人物メモ】』は以上で終了です。