一念一徹!18画「一気通貫マッスル運」を極めよう!財運&事業運アリな画数の正体とは?

【姓名判断ニュース2章】菅原初代さん〜フードファイター最強魔女追悼!出世・成功運はいかに!?【十宮図掲載中!】

姓名判断ニュース アイキャッチ緑 改訂v2.3 姓名判断ニュース
スポンサーリンク

このブログへのアクセスありがとうございます。

この記事はグラフィックデザイナーで姓名判断研究家のネコヒート が書いています。

気になった人物を随時取り上げる「姓名判断ニュース」の時間です。

今回取り上げる人物は、2023年3月に、59歳の若さでお亡くなりになられた「最強魔女」の異名をとったフードファイターの菅原初代さんです。

名前を視覚的に理解できる「十宮図」を後半で掲載しましたのでご興味のある人はご覧ください。

まずは、人物メモからです。

スポンサーリンク

人物メモ

2006年、わんこそば大会で15分「289杯」を食べたのを機にフードファイターとして本格始動。

2008年からテレ東の人気番組『元祖!大食い王決定戦』に出場し、3連覇を達成。

しかし、ご苦労も多かったそうで、ご自身がインタビューに答えている記事を読んだことがありますが、モラハラ離婚、親の介護などなど「波乱万丈な人生だった」とお答えしておりました。

そんな苦労を経て、有名・成功した人物の画数とは?

まず五格を調べてみるところから始めてみましょう。

五格とは、名前が持つ5つの格のことです。

以下をご参考ください。

五格の解説シート

スポンサーリンク

姓名判断

名前:菅原初代

画数 吉凶
ハウス(天格) 24 大吉
ライフ(人格) 17
ベース(地格) 12 大凶
ジョブ(外格) 19 大凶
マップ(総格) 36

五格が出ました。

全体的には、けっこう悪いですね。

全体運は、36「義理人情ヒーロー運」で凶数。

例えるなら「悲運の闘将」というイメージです。

一国一城の主になる実力は十分、しかし、どうしても悲運の影がつきまといます。

それも原因はいつも「人」。

人に尽くすケース、人に裏切られるケース、人というものが微妙に人生の影につきまとうという数字。

そのほかも、基本的に凶意に満ちた数字ばかりが並んでおりますね。

しかし、これだけの人気が出たのは、凶意があるにもかかわらず人気運を内包ないほうした17と12の影響と見ることができるでしょう。

  • 17(基本は吉数。人気運あるが、裏に事件・事故運あり)
  • 12(基本は凶数。中途挫折運、裏に意外な人気運あり)

思えば、なつかしの『元祖!大食い王決定戦』では、ギャル曽根さんに少し遅れて登場しました。

そこから怒涛の連勝街道。

実はギャル曽根さんは一度も菅原さんに勝っていないのです。

フードファイター界隈かいわいでは、ずっと異端児みたいな扱いを受けていましたが、徹底的に勝負にからいところ(勝ちに徹するところ)や、計算づくで勝利に持っていく姿勢はユニークな存在でしたよね。

最後に十宮図を掲載しましょう。

 

十宮図

姓名判断をある方式にのっとり図式化したものが「十宮図」です。

菅原初代 十宮図

特徴的なのが、3−8、4−7の平行線形作る「ベルト」と呼ぶ形です。

コロナ期に、志村けんさん、岡江久美子さん、竹内結子さんなどの名前にも現れていた凶相で、これを名前に持つ菅原さんの人生も、かなり波乱万丈な人生だったのではないかと想像できます。

また、菅原さんの場合、6が0歳に当たります。

お亡くなりになったのは59歳のとき。つまり、「Valley」という下降期のときでした。

59歳というのは世間で言うとまだまだ早い年齢でしたが、どんな番組でも本気で勝ちに行く姿勢はわたしは大好きでした。

菅原初代さんのご冥福をお祈りいたします。

今回の姓名判断ニュースは以上で終了です。

〈終〉