2024年流行の名前はどんな?〜男の子名前トップ10ランキングを調査してみた!をアップ
スポンサーリンク

【実話】「悪魔くん命名騒動」〜悪魔パワーで全員不幸へ一直線!?【名前の事件】

悪魔くん騒動 バナー 名前の世界

このブログへアクセスくださいましてありがとうございます。

この記事はグラフィックデザイナーで姓名判断研究家のネコヒートが書いています。

今回は「名前の世界」の時間です。

本当にあった名前シリーズの第1弾記事として、1993年、実の子に「悪魔」と名付け世間を大騒ぎさせた「悪魔くん命名騒動」を振り返りながら、その家族がたどった末路をみていくことにしましょう。

信じられますか?

自分の子供に「悪魔」とつける心理。

しかし、読んでいただければ「ナルホド、そういう男なら確かにやりかねないね…」と納得していただけるに違いありません。

それでは、まずは「経緯」からです、
ドーゾッ!

スポンサーリンク

ざっくり経緯

ときは1993年(平成5年)…。

東京都昭島市役所に「悪魔」と命名された出生届が出されたことが騒動のはじまりでした。

届け出たのは、当時スナック経営者だった佐藤重治(当時30歳)とその妻(当時22歳)。

役所は「戸籍法」にのっとり、「悪」も「魔」も常用漢字の範囲内だったところからいったん受理したそうな。

しかし、その後、法務局から「命名に適していない」と差し戻されたため、それを受けた役所は抹消処理をし直し、父親に「もう一度ちゃんとした名前を出せ」と伝えました。

ところが、元々受理されていたにも関わらず、再度提出しろという役所の対応に、父親はご立腹。

それならばと、父親は、裁判所へ不服申し立てを行ったのです。

その結果、意外なことに、裁判所(第1審)は、父親を支持。

「悪魔くんの名前を認めよ」

との審判を下したのです。

命名権の濫用らんようには当たるが、受理する前ならともかく受理した後に訂正(抹消)する場合は、両親によって戸籍訂正を申請させるのが筋であり、それをはぶいて抹消したのは違法である、というのが判決の根拠らしい。

後日、役所側がこの審判に対し抗告しましたが、騒動の過熱ぶりに疲れたのか申立人(父親)が取り下げをし、別な名前で提出したため裁判は終了。

最終的に、赤ちゃんは「亜駆(あく)」ちゃんと名付けられました。

スポンサーリンク

「悪魔」命名理由

なぜ、「悪魔」という名前をつけたのでしょうか?

父親の佐藤重治が語ったところによると、

“珍しい名前だから人の記憶に残るし、それによって人が集まる。そうすれば、ふだん出会えなかった人とも出会える確率が増えるし、いろいろな経験ができるから”

“悪魔は悪の世界で最強の存在。何かの世界でトップになるような子供に育って欲しいから”

と、なんとももっともらしいことを言ったそうな。

しかし、この騒動で有名となった父・佐藤重治は、当時の人気番組だった「電波少年」や「とんねるず」の番組に立て続けに出演することになり、しくも、出会えることのなかった人々と出会い、普通ではできない経験をすることとなったのですから、「悪魔のチカラ」「名前のチカラ」はあなどれませんよね。

さらに佐藤重治は、「もし『悪魔』が認められれば次は『帝王』か『爆弾』を考えている」と当時の週刊誌に語っていたと言います。

家族のその後…

さて、悪魔と名付けた父親とその家族は、「命名騒動後」に一体どうなったのでしょうか?

出会えない人たちと出会えたのだから、出来ない経験をいっぱいしたのだから、そのコネクションを利用して、意外と大富豪になった?幸せに暮らしている?

いやいや。そんな甘くはありません。

なんせ、「悪魔」とつけたのですよ。

「名前のチカラ」は相当なもので彼らには「それなりの運命」が待っていた、と言ってよいでしょう。

まず、悪魔くん命名騒動から3年後、1996年に両親は離婚。

亜駆くんは父親が引き取ったものの、魔が悪いことに、父親はこの年(1996年)に覚醒剤取締法違反で逮捕され収監。

この影響もあって、亜駆くんは児童養護施設で育てられることになりました。

さらに、父親の転落人生はこれだけでは終わりません。

2014年には、東京都日野市のハンバーガーショップで70万円を窃盗(余罪20件以上)し、さらに覚醒剤取所持でも逮捕。

その後も、2020年頃まで投稿があったX(旧ツイッター)のプロフィールには次のような自己紹介文が記されていました。

“2019年7月5度目の懲役を終え出所。犯罪と真摯に向き合うアウトロー”

と書いてあり、なんと、これまで5度の懲役を食らっているという有り様…。

悪魔と名付けた父親は、まるで「悪魔」という名前に導かれたかのような「転落人生」を歩みつづけており、いまだに「犯罪(=悪魔)」と向き合う生活を送っているところは、「悪魔」という文字の言霊の強さを象徴しているようにも思うのです。

唯一の救いは、2006年ごろに週刊誌に発表された亜駆くんのニュースでしょう。

小学校、中学校ではサッカー部に所属しプロサッカー選手を目指しているとか…。

父のブザマな生き方を反面教師にして頑張っていって欲しいものです。


まとめ

さて、「悪魔」という名前に人生を振り回された面々のその後をまとめましょう。

  • 父:5度の懲役。犯罪と真摯に向き合う転落人生
  • 母:離婚後は消息不明
  • 子:両親離婚後、養護施設で育つ。詳細不明

「名前」がいかに人生に影響を持つかわかってもらえたでしょうか?

名前はただの記号ではありません。

名前は、本人と他者とを強力に結びつける力があります。

強い名前ほど、まわりへの波及力が強く社会的な影響力も強い。

さらに、悪い名前には、それなりの悪いアクションや悪い展開がくっついてくるものなのです。

さあ、あなたの名前はどんな名前でしょうか?

良い人生を歩める素敵な名前でしたら、ラッキー。

悪い名前なら、当サイトの記事を参考に改善を試みてください。

それでは今回の「名前の世界」は以上で終了です。

〈終〉

\ランキング参加中/
ポチっと応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
ネコヒート姓名判断ラボ
ネコヒート

グラフィックデザイナーで姓名判断研究家。
埼玉県在住。蔵の町・川越を愛する男。蟹座。犬派。数秘におけるバースナンバー7。
当ブログはおかげさまで2万PV/月を達成しました。

「姓名判断エンタメ」という方向性と、独自の十宮図を用いた当たる占い「シン・セイメイハンダン」の2方向を目指しています。

ネコヒートをフォローする
名前の世界
スポンサーリンク
シェアする